介護予防のための『ロコモ体操』のご案内

12/16『ロコモ体操でロコモを予防!』のご案内です。
 
加齢に伴う筋力・筋量の低下により、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器に障害が起こります。
それにより「立つ」「歩く」といった事が、ままならない状態になります。その悪い状態を“ロコモ”といいます。
 
そのロコモを予防するための体操が今回の「ロコモ体操」です!


ロコモが進行すると介護が必要になるリスクが高くなりますので、運動不足と感じるの方※や要支援の方はこれを機にぜひ体験していただけたら幸いです。お気軽にご参加ください。
 
【ご案内はこちら】
http://www.shoyuukai.jp/shirokane/wp-content/uploads/2019/06/locomo2.pdf

※片脚立ちで靴下がはけないのも運動器の衰えのサインと言われてます。